YOUR FLORENCE EXPERIENCE

FINE ARTS AND CULTURE ACADEMY

ビザ

ビザ

ビザについての情報

ここで提供されるすべての情報は、イタリア外務省の公式ウェブサイトにて取得したものです。(www.esteri.it/MAE/IT/Ministero/Servizi)、特にビザ発行専用ページwww.esteri .it / visti / index_eng.asp。ビザ申請書に必要事項を記入しなければならない場合は、このウェブサイトを慎重にチェックする必要があります。

イタリアに入国しようとするすべての外国人は、滞在理由と滞在期間を正当化するために必要な書類を提出しなければならず、場合によっては適切な経済的手段と宿泊施設が利用できることもあります。場合によって、外国人が入国ビザを必要とする場合、あなたの永住地地域のイタリア外交領事館および領事館で申請することができます。イタリアの学校一覧は、このページにあります:www.esteri.it/visti/rilascio_eng.asp

EU加盟国の市民はビザを必要とせず、一部の国の市民はイタリア滞在が90日を超える場合にのみ入国ビザが必要ですが、他の国の市民はいかなる場合も入国ビザが必要です。このページでビザが必要かどうかを確認してください:www.esteri.it/visti/home_eng.asp

したがって、まず、査証についての正確で詳細な情報を得るために、居住国のイタリア領事館に申請することをお勧めします。さまざまな国でさまざまな手続きが行われる可能性があるためです。

いろいろな種類のビザがありますが、90日間以上学校に通う場合や、イタリアに入国するためにビザが必要な場合は、スタディビザの取得が必要です。

ここでは、イタリアの学校に90日以上滞在したい場合、アメリカ合衆国市民が勉強ビザを取得するために満たさなければならない要件の例を示します。この情報は、ワシントンのイタリア大使館のサイトから抜粋したものです:www.ambwashingtondc.esteri.it/Ambasciata_Washington


スタディビザ

ビザ申請者は、自分のビザ申請書を提出するためには必ず自身で出向いて行わなければなりません。

申請者は、以下の書類を提出する必要があります(2組の書類:原本1部+コピー1部)。

•申請者の海外滞在の最終日より3ヶ月間有効な、シェンゲン諸国が受け入れたパスポートまたは旅行書類。パスポートには、ビザが添付される空白のページが必要です。 (プラス:個人データと有効期限のある公式ページのコピー)。あなたのパスポートには、生年月日の記載が必要です:日、月、年。

•申請者が署名するために、1つの申請書式が完全かつ明確に記入されていること。

•最近のICAO標準写真の1つ:45mm(1,77インチ)×35mm(1,37インチ)のサイズ、フルフェース、正面写真、カラー写真


•参加するコーセラ・カルチャー・プログラムの必要書類の作成。次のいずれか:

oイタリアの教育機関からの受諾/入学の公式証明書。領事館によっては、コース料金が全額支払われ、証明書にその旨が記載されている必要があります。


•財務保証は、次のいずれかの方法で提示する必要があります。

oあなた自身が財政的に責任がある場合:銀行のステートメントまたは銀行口座明細書(銀行員の署名、口座残高証明、日付)で提示する。 (イタリアに滞在する毎月最低$ 800.00が必要です)。

o親があなたのために財政的に責任がある場合:あなたは、イタリアで発生する経費に対し財務上の約束を示す親の公証証書を提示しなければなりません。 銀行のバンクステートメント(用紙上部に(レターヘッド)日付、工員のサイン、銀行口座の残高が記されたもの)を提出してください。 (イタリアに滞在した月の最低$ 800.00が必要です。)

oあなたの学校または他の機関が財政援助を提供している場合、その機関の財務アドバイザーから与えられた手紙を提示する。 (イタリアに滞在した月の最低$ 800.00が必要です)。


•健康保険の範囲は、次のいずれかの方法で提示する必要があります。


•あなたの健康保険会社からの宣誓書には、滞在中にイタリアで発生した医療費、緊急事態および病院滞在のための保険料を支払う方針があることが記載されていること。プログラムの日程も記載する必要があります。上記の宣言を得ることができない場合、または健康保険証をお持ちでない場合は、イタリアの健康保険の購入証明書を提示するか、到着時にイタリアで健康保険の保険証書の宣誓供述書を購入し、提示しなければなりません。これらは地元の警察署(Questura)に登録する前に必要になります。


•宿泊施設の証明(必ずしも要求されない)


•現在の身元証明書(運転免許証、州立ID、学生ID)

領事館は提出された書類を評価し、その裁量で追加の書類を要求することがあります。さらに、必要書類を提出しても必ずビザ発給が保証されるわけではないことに注意してください。

ここでは参考として情報を記載しておりますが、詳細についてはご自身で領事館等にご確認お願いします。ここの内容通りに手続きをして、ビザが取得できなかった場合一切責任を負えません。









LEARN
ART JUST
AROUND
THE FLORENCE
CENTER

CONTACT US