YOUR FLORENCE EXPERIENCE

FINE ARTS AND CULTURE ACADEMY

水彩コース

水彩コース

水彩画の起源は中世の時代にまでさかのぼります。当時は水で希釈された色が細密画家の原稿に使われましたが、今日私たちが知っている形式の水彩画は最近のことです。これは顔料の使用から構成され、顔料をきれいに挽いて、アラビアゴムのような接合剤と混ぜます。そして、水の中で薄められて、上塗が塗られた紙に広げられます。この技術は、その制作のスピードと材料の持ち運びやすさから旅行中や屋外で塗装をする人に非常に高く評価されています。西洋のこのテクニックの最初の例については、動物や風景を描いたアルブレヒトデューラーの水彩画を参照しています。独立した作品としてではなく、絵画や彫刻のために再考される研究のスケッチとして、この技法で作られた作品は、ドイツの巨匠の最高傑作のうちの一つであることが判明しました。17世紀まで、水彩画はほとんど独占的に研究やイラストに使われていましたが、この技法を適切な芸術の形式とみなさなれるまで私たちは19世紀まで待たないといけなかったのであります。その方式を使用した偉大な巨匠の中にはカナレット、ターナー、モネ、セザンヌ、ピカソ、ホッパー、クレー、カンディンスキーなどがあげられます。

優れた水彩画の特徴は、とりわけ極端な明度と表現の即時性です。これはスピードを必要とし、初心者にとってはたくさんの修業が必要となります。当コースでは、独立して制作ができるようになるため、このテクニックの基礎を学習する機会を提供します。

このコースは、絵画と絵画のプログラムの一部で、次の3つのタイプがあります:

- 基本コース(週6時間)

-セミ集中コース(週10時間)

- 集中コース(週20時間)

最少入学期間は基本コースとセミ集中コースの場合は2週間、集中コースの場合は1週間です。

私たちの教師は、イタリア語、英語、スペイン語を話します。

プライベートレッスンを予約することは可能です。

詳細はこちら

情報を要求する

captcha

LEARN
ART JUST
AROUND
THE FLORENCE
CENTER

CONTACT US